持続化給付金

個人事業主・企業向け

新型コロナウイルス

事業・経営・法務

人材・福利厚生

商品開発・開拓

コロナ対策・支援

オンライン申請可

持続化給付金

感染症拡大により、特に大きな影響を受けている事業者に対して、事業の継続を支え、再起の糧としていただくため、事業全般に広く使える給付金を支給します。農業、漁業、製造業、飲食業、小売業、作家・俳優業など幅広い業種...

オンラインで申請する

(外部サイトに遷移します)

対象者

【給付対象の主な要件】

①新型コロナウイルス感染症の影響により、ひと月の売上が前年同月比で50%以上減少している事業者。

②2019年以前から事業による事業収入(売上)を得ており、今後も事業を継続する意思がある事業者。

③法人の場合は、 (Ⅰ)資本金の額または出資の総額が10億円未満、または、 (Ⅱ)上記の定めがない場合、常時使用する従業員の数が2,000人以下である事業者。

令和2年6月29日から、「主たる収入を雑所得・給与所得で確定申告した個人個人事業者」「2020年1~3月に創業した事業者」の申請受付を開始しました。詳細は以下参照ください。

内容

【給付額】

法人は200万円、個人事業者は100万円 ※ただし、昨年1年間の売上からの減少分を上限とします。

売上減少分の計算方法

「前年の総売上(事業収入)—(前年同月比▲50%月の売上×12ヶ月)」



【申請サポート会場】

ご自身で電子申請を行うことが困難な方のために、「申請サポート会場」を開設しています。

詳しくは、持続化給付金事務局の申請サポート会場のページをご確認ください。

利用・申請方法

オンライン申請

この制度はオンラインで申請できます。

オンラインで申請する

(外部サイトに遷移します)

受付期間

受付開始日

2020

05/01

受付終了日

未定

申請の期限は2021年1月15日です。ただし、必要書類の準備に時間を要するなど、申請期限に間に合わない特段の事情がある方については、書類の提出期限が2021年2月15日まで延長されています。この場合、1月31日までに書類の提出期限延長の申し込みが必要です。 詳しくは、下の「詳細参照先」にある「書類の提出期限の再延長に関するお知らせ」のリンク先をご確認ください。

お問い合わせ

持続化給付金事業 コールセンター

8月31日(月)までに申請された方 直通番号:0120ー115ー570 IP電話専用回線:(03)6831‐0613 受付時間:8時30分~19時00分(土・祝日除く)  

8月31日(月)までに申請された方 直通番号:0120ー279ー292 IP電話専用回線:(03)6832‐6631 受付時間:8時30分~19時00分(土・祝日除く)

よくあるお問合せはこちら URL:https://www.meti.go.jp/covid-19/jizokuka-qa.html

参照先

最終更新日:

出典:中小企業庁 ミラサポplus

この手続きに関連した手続き

※Photo by Aflo