介護保険

個人向け

介護保険

給付金や補助金をもらう

高齢者・介護

介護保険

介護保険とは、介護が必要な方の負担を社会全体で支えることを目的とした制度です。40歳以上の国民が介護保険の被保険者となり、介護保険料の支払い義務が発生します。老化や疾病により介護の必要性が認定されると、介護サ...

対象となる人

支払い義務が発生する方 40歳の誕生日の前日(満40歳になる日)が属する月から、支払い義務が発生します。保険の適用には、年齢に応じた条件があります。

制度が適用される方

  • 65歳以上の方:第1号被保険者
    要介護状態や要支援状態である場合に、介護保険適用の対象となります。
  • 40~64歳の方:第2号被保険者
    老化に起因する指定の16疾病により介護認定を受けた場合に限り、介護保険適用の対象となります。

内容

介護保険の概要

介護保険とは、介護が必要な方の負担を社会全体で支えることを目的とした制度です。40歳以上の国民が介護保険の被保険者となり、被保険者には介護保険料の支払い義務が発生します。65歳以上で介護が必要になった場合は、介護サービスを利用できます。※40歳~64歳で特定疾病に認定された場合も、介護サービスを利用できます。

40歳以上を被保険者とするのは、概ね40歳ぐらいから自らが要介護状態になる可能性が高まることや、自らの親も介護を要する可能性が高くなるためとされています。

徴収方法

40歳から64歳までの健康保険の加入者は、健康保険料と一緒に介護保険料を納めます。満65歳に達すると徴収されなくなりますが、65歳以降は介護保険の第1号被保険者となり、お住まいの市区町村より介護保険料が徴収されます。

  • 第1号被保険者(65歳以上)
    年金受給額が年18万円以上の方は特別徴収(年金からの天引き)、年金受給額が年18万円以下の方は普通徴収(納付書で納付)となります。
  • 第2号被保険者(40~64歳)
    健康保険料の一部として徴収されます。

計算方法の概要

第1号被保険者(65歳以上)

自治体ごとに計算される基準額と、本人や世帯の所得状況によって決定されます。基準額は、その自治体内で介護給付に必要な費用のうち、65歳以上の方の負担分を当該自治体内の65歳以上の人数で割った額です。

第2号被保険者(40~64歳)で、お勤め先の健康保険に加入している方

(標準報酬月額+標準賞与額)× 介護保険料率 で計算されます。

標準報酬月額については、日本年金機構の説明 をご参照ください。

第2号被保険者(40~64歳)で、国民健康保険に加入している方

所得割+均等割+平等割+資産割 で計算されます。

  • 所得割:被保険者または世帯の前年所得を受けて決定
  • 均等割:世帯の被保険者数を受けて決定
  • 平等割:1世帯あたりの金額として算出
  • 資産割:世帯の資産に応じて算出

算出方法は自治体によって異なるため、正確な情報は各自治体の公式サイトでご確認ください。

この手続きに関連した手続き

最終更新日:

※Photo by Aflo

自治体の皆様へYahoo!くらしでは様々な形で
各自治体様が発信する地域にまつわる情報を
全国のヤフーユーザーに届けています。

オンライン申請手続き
ヤフー掲載のご案内