感染防止協力金(時短営業協力金)

個人事業主・企業向け

給付金や補助金をもらう

事業・経営・法務

コロナ対策・支援

感染防止協力金(時短営業協力金)

各自治体で実施されている、営業時間の短縮などの要請に対する協力金の制度について情報をまとめています。

対象者

自治体からの営業時間短縮などの要請に協力した事業者

内容

制度の概要

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、営業時間の短縮など自治体からの要請に協力した事業者に対し、協力金が支給される制度です。

支給対象となる業種や期間、支給額、手続きの方法などは自治体により異なるため、それぞれの公式ページをご確認ください。

支給額の例

一例として東京都の場合、2021年1月の緊急事態宣言の期間(1月8日から2月7日まで31日間)に、全面的に協力した場合は186万円(1日あたり換算で6万円)が支給される予定です。後述のとおり、それ以前の期間に実施されていた時短要請に対する制度もあるためご注意ください。

手続き方法の例

専用のオンライン申請サイトが用意される場合や、郵送で書類を提出する場合があります。

一例として埼玉県(第3期)の必要書類は以下の通りです。

  • 協力金申請書
  • 本人確認書類のコピー
  • 振込先口座情報
  • 店舗の外観写真
  • 営業許可証のコピー
  • 時短状況が確認できるポスターなどのコピー

自治体の公式情報

2021年1月現在、緊急事態宣言の対象となっている自治体の情報を優先して、順次掲載中です。未掲載の自治体については、J-Net21(中小企業庁)が提供する都道府県別のまとめページからも探すことができます。

東京都

神奈川県

千葉県

埼玉県

栃木県

愛知県

岐阜県

大阪府

京都府

兵庫県

福岡県

最終更新日:

この手続きに関連した手続き

※Photo by Aflo