自治体様向けご案内

制度の申請期限が終了しています

この制度は既に申請期限が終了しています。以降の対応については、お問い合わせ先までご連絡いただくか、専用ページをご確認ください。

一時支援金(緊急事態宣言の影響緩和)

個人事業主・企業向け

新型コロナウイルス

給付金や補助金をもらう

事業・経営・法務

コロナ対策・支援

オンライン申請可

一時支援金(緊急事態宣言の影響緩和)

緊急事態宣言に伴う飲食店の時短営業や不要不急の外出・移動の自粛により影響を受け、売上が減少した中堅・中小事業者に一時支援金を支給します。

オンラインで申請する

(外部サイトに遷移します)

対象となる人

ポイント① 緊急事態宣言に伴う飲食店時短営業または外出自粛等の影響を受けていること※

ポイント② 2019年比または2020年比で、2021年の1月、2月、または3月の売上が50%以上減少していること

※緊急事態宣言の再発令に伴い、緊急事態宣言の発令地域の飲食店と直接・間接の取引があること、または、宣言地域における不要不急の外出・移動の自粛による直接的な影響を受けていること。

内容

■支給額

中小法人等:上限60万円 個人事業者等:上限30万円

■算出方法

(2019年または2020年の1月~3月の合計売上)ー(2021年の対象月の売上×3ヵ月)

※一時支援金の申請に当たっては、一時支援金の不正受給や誤って受給してしまうことへの対応として、申請希望者が、①事業を実施しているのか、②一時支援金の給付対象等を正しく理解しているか等について、一時支援金事務局が登録した登録確認機関により、「帳簿等の事務局が定めた書類の有無」や「宣誓内容等に関する質疑応答」等の形式的な事前確認を行います。 申請希望者の皆様におかれましては、一時支援金事務局のホームページ等から、事前確認の内容や必要な書類、登録確認機関の検索方法をご覧ください。

※登録確認機関は、宣誓内容が正しいかなど、申請希望者が給付対象であるかの判断・確認は行いませんので、給付対象に関するお問い合わせは一時支援金事務局の相談窓口までお問い合わせください。

どうやって申請するの?

事前確認を受け終えたのちに、一時支援金事務局のウェブサイトから申請してください。

■事前確認から申請までの手順

1.事前確認に必要な書類を準備してください。 2.事務局のウェブサイトでアカウントの登録をしてください。 3.事務局のウェブサイトで身近な登録確認機関を検索し、登録確認機関に電話またはメールにて事前確認の予約をしてください。 4.予約した日時に事前確認(TV会議、対面、電話など)を受けてください。 5.事前確認完了後、事務局のウェブサイトにあるマイページにて必要事項を入力し、事務局に申請してください。

※事前予約をせずに登録確認機関に訪問することは絶対に行わないでください。

■申請サポート会場

一時支援金の申請は、事務局のウェブサイトで電子申請(インターネットを利用した申請)を行っていただくことを基本としていますが、ご自身で電子申請を行うことが困難な方のために、申請サポート会場にて補助員が電子申請の手続きをサポートします。

オンライン申請

この制度はオンラインで申請できます。

オンラインで申請する

(外部サイトに遷移します)

受付期間

制度の申請期限が終了しています

この制度は既に申請期限が終了しています。以降の対応については、お問い合わせ先までご連絡いただくか、専用ページをご確認ください。

受付開始日

2021

03/08

受付終了日

2021

05/31

5月31日までに「書類の提出期限延長の申込」を行うことで、提出期限が2週間程度延長される予定です。この申し込みは、事務局サイト上で5月25日から可能になる予定です。

お問い合わせ

一時支援金事務局(相談窓口・申請サポート会場電話予約相談窓口) 電話:0120-211-240

※IP電話等からのお問い合わせ先(通話料がかかります) 電話:(03)6629-0479

参照先

この手続きに関連した手続き

最終更新日:

出典:中小企業庁 ミラサポplus

※Photo by Aflo

自治体の皆様へYahoo!くらしでは様々な形で
各自治体様が発信する地域にまつわる情報を
全国のヤフーユーザーに届けています。

オンライン申請手続き
ヤフー掲載のご案内