ワクチン接種証明書の交付申請

個人向け

新型コロナウイルス

コロナ対策・支援

ワクチン接種証明書の交付申請

ワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)は、コロナワクチンを接種済みであることを公的に証明するものです。スマホアプリで表示する方法(マイナンバーカードが必要)と、市区町村に申請して紙の証明書を取得する方法があ...

対象となる人

国内でコロナワクチンを接種済みの方が対象です。

以前は海外への渡航予定がある方のみが対象でしたが、現在は国内で使用するための証明書の取得も可能です。

内容

目次

1. ワクチン接種証明書とは
証明書の種類や用途について説明します

2. 申請・発行方法
国が発行する接種証明書(アプリ・紙)の申請・発行方法について説明します

1. ワクチン接種証明書とは

ワクチン接種済みであることを証明するもので、ワクチンパスポートとも呼ばれます。

国が発行するワクチン接種証明書には「海外渡航用」と「国内用」があります。どちらも、申請による紙での交付と、専用のスマホアプリによって手元で表示する方法に対応しています。(ただし、アプリの利用にはマイナンバーカードが必要です)

また、国内の用途においては、これらの証明書を改めて取得しなくても、接種会場で受け取る「接種済証」も接種証明として有効とされています。

海外渡航用

外国との往来の際にワクチン接種を証明するためのものです。

入国の際にワクチン接種証明書を示すことで、隔離などの防疫措置が軽減される場合があります。使用できる国は、外務省から発表されています。

国内用

国内で接種証明が必要になるのは、次のような場面です。

  • 飲食店の利用やイベント参加においての確認(行動制限緩和に向けた実証実験等)
  • ワクチン接種済みの方に特典を提供する際の確認

接種証明書アプリの提供開始に合わせて、国内用の紙での交付も開始されています。(以前は海外渡航用のみ交付されていました)

接種済証(国内用)

ワクチン接種の際に接種会場で発行される「接種済証」も、国内では接種証明として有効とされていることが一般的です。

接種済証の見本

接種済証の見本

画像引用元:コロナワクチンナビ(厚生労働省)

1,2回目のワクチン接種の際は、接種券と接種済証が一体となっていました。この右端の部分に、会場で接種記録のシールを貼り付けたものが有効な接種済証です。

3回目のワクチン接種では、接種券と一体ではなく、別の用紙となります。接種済証の用紙は、接種券(予診票)と一緒に送付されます。接種の際にこちらも持参する必要があります。

接種済証を紛失された方は、市区町村への手続きで再発行が可能です。

また、医療従事者など一部の方には、接種済証の代わりに「接種記録書」が発行されている場合があります。こちらも接種記録として同等に利用可能です。

2. 申請・発行方法

ここからは、国のワクチン接種証明書(海外渡航用または国内用)の申請・発行方法を説明します。

スマホ用の「接種証明書アプリ」を用いる方法と、紙の接種証明書を申請する方法があります。

接種証明書アプリ

接種証明書アプリは2021年12月20日に公開されました。

アプリの利用にはマイナンバーカードと、マイナンバーカードの読み取りに対応したスマートフォンが必要です。

アプリでできること

アプリ上に接種証明書を発行し、証明が必要な場面で提示に使うことが基本的な機能です。

発行の手続きをする際に、マイナンバーカードの読み取りが必要です。海外渡航用の場合は、パスポートの写真撮影も必要です。

一度発行をすれば、証明書を提示する際にはマイナンバーカードは必要ありません。

1つのアプリ上で海外渡航用と国内用のそれぞれを発行し、必要な方を表示できます。

接種証明書の発行方法

画面の説明に沿って、比較的簡単に発行可能です。手順の流れは以下の通りです。

  • 「接種証明書を発行・追加する」を選択
  • 国内用または海外渡航用の必要な方を選択
  • マイナンバーカードの読み取り、海外渡航用の場合はパスポートを写真撮影

以上のステップで、その場でアプリに接種証明書が発行されます。

アプリのダウンロード先や詳しい説明は、デジタル庁のページをご確認ください。

紙の接種証明書

紙の接種証明書は、お住まいの市区町村に申請して交付を受けることができます。

以前は海外渡航用のみ申請可能でしたが、アプリの公開に合わせて国内用の申請も可能になりました。

必要書類

  • 申請書(市区町村ごとの書式)
  • 接種券番号が分かるもの、またはマイナンバーが分かるもの
  • パスポート(海外渡航用の場合)
  • 本人確認書類(国内用の場合)

接種券番号が分かるものには、使用済みの接種券や、接種済証があります。

申請方法

住所地の市区町村に対して、窓口または郵送での申請を行います。原則として郵送での申請を求める市区町村もあります。

申請から発行までは、1週間から10日程度かかると説明している市区町村が多いです。

手続きの詳細は、お住まいの市区町村のホームページなどをご確認ください。

参照先

この手続きに関連した手続き

最終更新日:

※Photo by Aflo

自治体の皆様へYahoo!くらしでは様々な形で
各自治体様が発信する地域にまつわる情報を
全国のヤフーユーザーに届けています。

オンライン申請手続き
ヤフー掲載のご案内