居宅介護(介護予防)住宅改修費の支給申請(住宅改修前)

大分県中津市

給付金や補助金をもらう

子育て・教育

オンライン申請可

住宅改修費の支給申請(住宅改修前)

介護保険の認定を受けている方が、その心身の状況や住宅の状況に照らし、手すりの取付け等の住宅改修を行う場合に申請を受け付けています。

2024年7月30日よりマイナポータルの電子申請に切り替わります

Yahoo!くらしが提供しているオンライン申請機能(電子申請機能)は終了します。提供終了後は、Yahoo!くらしの各手続きページからマイナポータルに遷移して電子申請をご利用いただけます。

このページは主に中津市のオンライン申請に関する情報を掲載しています。
手続きの詳細を確認したい場合は全国共通版のページをご確認ください。

対象となる人

 居宅要介護(要支援)被保険者が、手すりの取付けその他の厚生労働大臣が定める種類の住宅改修を行ったときは、当該居宅要介護(要支援)被保険者に対し、居宅介護(介護予防)住宅改修費を支給します。

申請できる人

対象者ご本人

オンライン申請に必要なもの

用意するもの

  • マイナンバーカード

    ご本人確認のために必要となります。

  • 署名用電子証明書の暗証番号(パスワード)

    マイナンバーカードを市区町村の窓口で受け取った際に利用者様自身が設定した、大文字英数字6〜16桁の暗証番号です。 暗証番号を5回連続で間違えるとカードの機能がロックされ、市区町村の窓口やコンビニエンスストアで再発行手続きが必要となります。

全員添付必須の書類全員が添付する必要のある書類です。撮影したデータでも申請できます。

  • 住宅改修が必要な理由書

    ケアマネージャーまたは福祉住環境コーディネーターが、申請者の自宅及び申請者の身体の状態、生活動線などを確認し、生活を送るうえでの課題を抽出するとともに、それを解決するために必要な住宅改修工事について記載しているもの。

  • 住宅改修工事の見積書

    工事金額や施工方法が妥当かどうかを確認するため、部材の単価及び数量と、施工の内容や費用(工賃)、施工する者の数(人数×日数)や原材料の数量及び単価などが細かく記載された見積書が必要です。

  • 住宅の平面図

    住宅の平面図に、住宅改修する箇所及び申請者の日ごろの生活動線が分かるように記入してください。外回りの工事がある場合は、外回りの平面図も必要です。

  • 施工前写真(撮影日の入ったもの)

    改修前の住宅の状況がわかる写真(撮影日が入っているもの)※撮影日の印字機能のないカメラの場合は、黒板に撮影日を記入して写すなどして、撮影した日がわかるように撮影してください。

該当者のみ添付必須の書類以下の書類添付が必要かご確認ください。撮影したデータでも申請できます。

  • 【住宅の所有者が異なる場合】 住宅所有者の承諾書

    申請を行う被保険者と住宅の所有者が異なる場合に必要です。※市営住宅の場合は市営住宅模様替承認申請が必要です。

  • 【代理申請の場合】 代理権の確認書類

    代理人が電子申請する場合は、代理権の確認のため対象者ご本人の官公署等から一に限り発行された書類(運転免許証や介護保険被保険者証など)をスキャンしたPDFや撮影した画像を添付してください。

いつ申請すればいいの?

受付開始日

2023

03/20

08:00

受付終了日

指定なし

どうやって申請するの?

本サービスにてオンライン申請を行えます。
その他、窓口での申請も可能です。

お家でいつでもスマホで簡単に申請できる

オンラインで申請ができます

QRコード

スマートフォンでQRコードを
読み取ってください。

表示される画面で必要な書類などをご確認ください。画面の手順に従って、手続きの申請をすることができます。

手続きに必要なもの
Yahoo! JAPANアプリマイナンバーカードの認証に必要です
マイナンバーカード
署名用電子証明書の暗証番号(パスワード)

窓口で申請する場合の持ち物

窓口で手続きを行う場合には別途各自治体窓口にお問い合わせ下さい。

提出する書類の名称

申請者のご本人確認書類 マイナンバー(個人番号)の確認に必要な書類等