【事前申請】居宅介護(介護予防)住宅改修費の支給申請(改修前審査申請)

栃木県栃木市

給付金や補助金をもらう

子育て・教育

オンライン申請可

住宅改修費の支給申請(住宅改修前)

介護保険の認定を受けている人が、その心身の状況や住所地の住宅の状況に照らし、生活の環境を整えるための手すりの取付けやその他厚生労働大臣が定める種類の小規模な住宅改修を行う場合に改修費用の一部を支給します。 原...

このページは主に栃木市のオンライン申請に関する情報を掲載しています。
手続きの詳細を確認したい場合は全国共通版のページをご確認ください。

対象となる人

在宅の要介護(要支援)の認定を受けている人が申請可能です。 ※対象者ご本人が、同じ住宅に対して過去に住宅改修費の支給を受けている場合には、20万円のうち受給済みの金額を差し引いた額が申請可能残額となります。  

申請できる人

対象者ご本人(ケアマネージャー等の代行も可)

オンライン申請に必要なもの

用意するもの

  • マイナンバーカード

    ご本人確認のために必要となります。

  • 署名用電子証明書の暗証番号(パスワード)

    マイナンバーカードを市区町村の窓口で受け取った際に利用者様自身が設定した、大文字英数字6〜16桁の暗証番号です。 暗証番号を5回連続で間違えるとカードの機能がロックされ、市区町村の窓口やコンビニエンスストアで再発行手続きが必要となります。

全員添付必須の書類全員が添付する必要のある書類です。撮影したデータでも申請できます。

  • 住宅改修が必要な理由書

    対象者ご本人の身体・介護状況、住宅の状況等を総合的に勘案し、必要な住宅改修の工事種類とその選定理由を具体的に明記してください。 ※ケアマネージャー(介護支援専門員)・地域包括支援センター職員以外が作成する場合は、資格の証明ができるものの写しを添付してください。

  • 工事見積書

    住宅改修費の支給対象となる費用の内訳がわかるよう施工業者が作成した見積書が必要です。 ・見積りの相手方は、対象者ご本人のフルネームとしてください。 ・改修箇所・内容ごとに番号をつけ、材料費、施工費等を適切に区分してください。 ※支給にそぐわない費用が含まれている場合、按分した金額を確認することがあります。

  • 工事写真

    改修箇所の状況や改修の内容が読み取れる工事前の写真が必要です。 ・撮影年月日を表示してください。写真の日付機能がない場合は、黒板やパネル等を用いて改修箇所に写り込むように撮影してください。※直接手書きは不可 ・改修内容や施工イメージを図示してください。 ・段差解消の工事の場合は、段差の高さがわかるよう、メジャー等をあてて撮影した写真も添付してください。

  • 住宅の平面図

    様式は任意ですが、対象者ご本人の生活状況を確認するため、日常生活の動線や改修箇所の位置関係がわかる平面図が必要です。 改修箇所と内容・番号等を図示ください。

該当者のみ添付必須の書類以下の書類添付が必要かご確認ください。撮影したデータでも申請できます。

  • 委任状

    振込先の口座名義人が対象者ご本人と異なる場合は、対象者ご本人からの委任が必要です。

  • 住宅改修の承諾書

    住宅所有者が対象者ご本人と異なる場合は、所有者が当該住宅改修について承諾したことが確認できる書類が必要です。

いつ申請すればいいの?

受付開始日

2023

10/16

10:06

受付終了日

2999

12/31

00:00

どうやって申請するの?

本サービスにてオンライン申請を行えます。
その他、窓口での申請も可能です。

お家でいつでもスマホで簡単に申請できる

オンラインで申請ができます

QRコード

スマートフォンでQRコードを
読み取ってください。

表示される画面で必要な書類などをご確認ください。画面の手順に従って、手続きの申請をすることができます。

手続きに必要なもの
Yahoo! JAPANアプリマイナンバーカードの認証に必要です
マイナンバーカード
署名用電子証明書の暗証番号(パスワード)

参照情報

関連リンク

所管部署

保健福祉部高齢介護課