離職票

個人向け

給付金や補助金をもらう

就職・退職

離職票

離職票とは、退職後に雇用保険(失業手当)の受給手続きをする際などに必要となる書類です。退職した会社から、離職理由や離職前の賃金などが記入された上で、退職後10日前後で送付されるのが一般的です。

対象となる人

離職前に雇用保険に加入していた方

内容

離職票の内容

離職票は「雇用保険被保険者離職票-1」と「雇用保険被保険者離職票-2」の2枚で構成されます。

  • 離職票-1
    離職した方の雇用保険に関する基本的な情報が、会社から記入されています。また、自身で記入する部分として、受給時に振込先として指定する口座についての記入欄があります。
  • 離職票-2
    離職前の賃金支払い状況や離職理由が、会社から記入されています。また、離職した方も自身で離職理由を記入します。会社側と離職理由の認識が異なる場合は、提出時にハローワークに申し出ることができます。

記入例はハローワークのホームページにて確認できます。

取得方法

会社によっては退職の手続きの際に、離職票を発行してほしいことを会社側に伝える必要があります。

一般的に、退職から10日前後で会社から郵送されます。

雇用保険に加入していたにもかかわらず、事情があって会社から離職票を受け取れない場合は、ハローワークに相談が可能です。また、発行された離職票を紛失した場合は、ハローワークで再発行の手続きが可能です。

届いた後の手続き

雇用保険の基本手当(失業手当)については、こちらでも説明しています。

参照先

詳細参照先

より詳しい情報は、ハローワーク(厚生労働省)による以下のページなどをご確認ください。

この手続きに関連した手続き

最終更新日:

※Photo by Aflo

自治体の皆様へYahoo!くらしでは様々な形で
各自治体様が発信する地域にまつわる情報を
全国のヤフーユーザーに届けています。

オンライン申請手続き
ヤフー掲載のご案内