雇用保険の基本手当(失業手当)

個人向け

給付金や補助金をもらう

就職・退職

雇用保険の基本手当(失業手当)

雇用保険に加入していた方が、離職後に生活を心配することなく、就職活動ができるよう支給される制度です。支給条件、支給額、支給期間は離職理由や雇用保険の加入期間、年齢や離職前の給与などの条件によって決定されます。...

対象となる人

「就職しようとする意思と、いつでも就職できる能力があるにもかかわらず職業に就けず、積極的に求職活動を行っている状態にある方」とされています。そのため、育児や病気などですぐ就職できない場合は失業給付を受けることができません。

また、離職前の会社で雇用保険に加入しており、加入期間など、一定の条件を満たすことが必要です。

詳しくは基本手当(ハローワーク)の「受給要件」の項目をご確認ください。

内容

手続きの流れ

(1) 会社から離職票を受け取る(退職から10日前後で郵送されるのが一般的)

(2) ハローワークで離職票と求職票の提出

(3) 雇用保険受給者説明会に参加

(4) ハローワークの窓口などで求職活動

(5) ハローワークで失業の認定日に求職活動報告

(6) 失業手当が給付される

手続きに必要となる離職票についてはこちらでも説明しています。

詳しくは雇用保険の具体的な手続き(ハローワーク)をご確認ください。

必要書類

  • 離職票(会社から受け取る)
  • マイナンバーが確認できる書類
    マイナンバーカード、または通知カード、個人番号掲載の住民票
  • 本人確認書類
    運転免許証、マイナンバーカードなど
  • 証明写真 2枚
    最近の写真、正面上半身、縦3.0cm×横2.5cm
  • 印鑑
  • 本人名義の預金通帳またはキャッシュカード

支給額

支給額は離職時の給与額や年齢などで決まります。一般的には離職前の給与の60%~80%です。

上限額や下限額も設定されており、定期的に見直しがなされています。詳しくは基本手当(ハローワーク)の「受給要件」の項目をご確認ください。

支給開始と支給期間

支給開始は申請から通常3カ月程度かかります。支給期間は年齢と雇用保険の加入期間で決まり、最大で1年です。

詳しくは基本手当の所定給付日数(ハローワーク)をご確認ください。

再就職手当について

失業手当の受給中に就職が決まり、一定の条件を満たすと再就職手当を受け取ることができます。

詳しくは就職促進給付(ハローワーク)をご確認ください。

窓口

住所地を管轄するハローワークの窓口で手続きします。厚生労働省の全国ハローワークの所在案内から探すことができます。

この手続きに関連した手続き

最終更新日:

※Photo by Aflo

自治体の皆様へYahoo!くらしでは様々な形で
各自治体様が発信する地域にまつわる情報を
全国のヤフーユーザーに届けています。

オンライン申請手続き
ヤフー掲載のご案内