障害者手帳

個人向け

給付金や補助金をもらう

その他

障害者手帳

障害者手帳には3つの制度があり、病気や障害の種類によって対象となる制度が異なります。どの制度でも、対象となる方には手帳が交付され、支援サービスを利用する際の確認に用いられます。

対象となる人

3つの制度ごとに、それぞれ次のような方が対象です。

  • 身体障害者手帳
    視覚、聴覚、手足や臓器などに障害のある方
  • 精神障害者手帳(精神障害者福祉保健手帳)
    統合失調症、うつ病、てんかん、発達障害などの精神疾患に当てはまる方
  • 療育手帳
    知的障害に当てはまる方

この中で療育手帳については自治体ごとに運用される制度で、名称が異なる場合があります。例えば、東京都の場合は「愛の手帳」という名称です。

対象となる病気や障害の詳しい説明は、厚生労働省の説明ページをご確認ください。

内容

手帳の申請方法

身体障害者手帳

法律上の「指定医」に認定されている医師から診察を受け、診断書を作成してもらう必要があります。診察を受けたら、以下のものを用意して、お住まいの市区町村の窓口に申請を行います。

  • 身体障害者診断書・意見書
    指定医が作成したもの
  • 交付申請書
    窓口で入手可能で、マイナンバーの記入が必要
  • 証明写真
    手帳に表示するためのもの

申請後に自治体側で審査が行われ、1級から7級までの等級が判断されます。手続きの詳細は自治体により異なるため、お住まいの市区町村の公式ページをご確認ください。

精神障害者手帳

精神障害を理由に障害年金を受けている方は、それを証明する書類(年金証書や振込通知書)があれば申請が可能です。

それ以外の方は、医師からの診断書が必要です。ただし、その精神疾患による初診から6カ月後以降に作成したものが必要です。(身体障害者手帳とは異なり、特定の指定医に作成してもらう必要はありません)

以下のものを用意して、お住まいの市区町村の窓口に申請を行います。

  • 上記の障害年金の証明書または診断書
  • 交付申請書
    窓口で入手可能で、マイナンバーの記入が必要
  • 証明写真
    手帳に表示するためのもの

申請後に自治体側で審査が行われ、1級から3級までの等級が判断されます。手続きの詳細は自治体により異なるため、お住まいの市区町村の公式ページをご確認ください。

療育手帳

療育手帳は申請方法や等級などの仕組みが、自治体によって異なります。

代表例として東京都の「愛の手帳」の場合は、以下のように申請を行います。

  • 18歳未満の場合、児童相談所で申請を行う
  • 18歳以上の場合は、心身障害者福祉センターで申請を行う

詳細はお住まいの市区町村の公式ページをご確認ください。

受けられるサービス

障害者手帳を交付されている方は、自治体や企業などから様々な支援やサービスを受けることができます。障害者手帳の種類や等級によって受けられる内容が異なります。

代表的な支援やサービスには、次のようなものがあります。

  • 障害者に対する手当(給付金)
  • 所得税や住民税などの控除
  • 医療費や、必要な器具(補聴器、車いすなど)に関する費用の助成
  • 公共料金や公共交通機関の利用料の割引
  • 求人の障害者雇用枠への応募

詳細は自治体により異なるため、お住まいの市区町村の公式ページをご確認ください。

この手続きに関連した手続き

最終更新日:

※Photo by Aflo

自治体の皆様へYahoo!くらしでは様々な形で
各自治体様が発信する地域にまつわる情報を
全国のヤフーユーザーに届けています。

オンライン申請手続き
ヤフー掲載のご案内