住宅改修費の支給申請(住宅改修前)

給付金や補助金をもらう

高齢者・介護

住宅改修費の支給申請(住宅改修前)

在宅介護のために住宅を改修するための費用に、介護保険が適用される場合があります。支給額は最大20万円です。このページでは、改修工事の事前に行う必要がある申請について説明します。

2024年7月30日よりマイナポータルの電子申請に切り替わります

Yahoo!くらしが提供しているオンライン申請機能(電子申請機能)は終了します。提供終了後は、Yahoo!くらしの各手続きページからマイナポータルに遷移して電子申請をご利用いただけます。

全国共通の情報を表示しています

「申請する方法」で地域を選択すると、オンライン申請の可能な自治体を確認できます。
各自治体のページでは、主にオンライン申請の詳細を確認できます。

対象となる人

前提条件

要介護・要支援の認定を受け、在宅で生活されている方

手続きが必要な場面

手すりの取り付け、段差や傾斜の解消などの住宅改修をする時

内容

支給対象について

主に対象となる改修は以下の通りです。

  • 手すりの取付け
  • 段差や傾斜の解消
  • 滑りにくい、移動しやすい床材への変更
  • 開き戸から引き戸等への扉の取替え、吊元・ドアノブ交換
  • 和式から洋式への便器の取替えなど
  • その他これらの改修に係る工事

20万円を上限に、費用のうち被保険者の自己負担割合分を除いた金額が支給されます。

手続きの流れ

(1) ケアマネージャーと改修について相談する

(2) 施工業者に見積もりを依頼する

(3) 市区町村に「事前申請」を行い、審査を受ける(この手続き)

(4) 工事の実施

(5) 「事後申請」を行い、支給を受ける

上記のように購入後に申請によって支払われる方式(償還払い)の他に、事業者への支払いの時点で割引を受ける方式(受領委任払い)が利用できる場合もあります。

このページでは、(3)の事前申請について説明します。(5)の事後申請については住宅改修費の支給申請(住宅改修後)のページをご確認ください。

手続きに必要なもの

  • 申請書
    市区町村ごとの書式
  • 住宅所有者の承諾書
    本人が所有者ではない場合
  • 改修が必要な理由書
    ケアマネージャー等が作成したもの
  • 見積書
    施工業者が作成したもの
  • 図面
  • 改修前の写真

提出先

住所地の市区町村の役所などで手続きします。

詳しくは、お住まいの市区町村にご確認ください。

申請する方法

この手続きは役所・役場の窓口以外に、スマホからもオンラインで申請できます。

スマホでカンタン申請

スマホから手続きの申請をする

申請する自治体を選んでください。

この申請に対応している自治体のみ表示されます。

お住まいの地域を選択してください。

この手続きに関連した制度や手続き