防火・防災管理

岐阜県北方町

その他

防火・防災管理

防火・防災管理」とは?

一定規模の建物等では、火災等の災害への備えとして、防火・防災管理者の選任や消防計画の作成等が義務付けられています。関連する手続きについて説明しています。

対象となる人

一定規模の建物等の管理権原者(所有者や賃借人)

内容

制度の概要

一定規模の建物等では、火災や地震などの災害に備えて防火・防災管理の業務を行うことが義務付けられています。

建物等の管理権原者(所有者や賃借人)が防火・防災管理者を選任し、管理体制について消防計画を作成する必要があります。また、建物等や消防設備に対する、定期的な点検の実施とその結果報告なども必要です。

これらを実施した際には、所在地を管轄する消防署等に対して、届出の提出が必要になります。

防火・防災管理に関する手続きの申請

この制度に関連する手続き22

    参照先

    詳細参照先

    制度の全体像を説明する例として、東京消防庁「防火管理実践ガイド」があります。

    詳細は自治体の条例によって異なる場合がありますので、所在地の自治体の情報をご確認ください。

    この制度に関連した制度や手続き