雇用調整助成金の特例措置

個人事業主・企業向け

新型コロナウイルス

給付金や補助金をもらう

人材・福利厚生

コロナ対策・支援

オンライン申請可

雇用調整助成金の特例措置

経済上の理由により事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、労働者に対して一時的に休業、教育訓練または出向を行い、労働者の雇用維持を図った場合に、休業手当、賃金等の一部が助成されます。 新型コロナウイルス感染症...

オンラインで申請する

(外部サイトに遷移します)

対象となる人

次のすべてに当てはまる、すべての業種の事業主 ・新型コロナウイルス感染症の影響により経営環境が悪化し、事業活動が縮小している ・最近1か月間の売上高または生産量などが前年同月比(※)5パーセント以上減少している ※比較対象とする月についても、柔軟な取り扱いとする特例措置があります ・労使間の協定に基づき休業などを実施し、休業手当を支払っている

内容

<助成額> 平均賃金額と休業手当等の支払率を乗じた額に、定められた助成率を乗じた額

・2021年4月までは、1人1日あたり1万5,000円が上限 ・2021年5〜7月は、1人1日あたり1万3,500円が上限※

※緊急事態宣言、まん延防止等重点措置の対象になった場合などは1万5,000円が上限 ※9月末まで措置を延長する予定が、厚生労働省から発表済み

どうやって申請するの?

事業所の所在地を管轄する都道府県労働局またはハローワークへ来所、または郵送やオンラインで申請してください。

オンライン申請

この制度はオンラインで申請できます。

オンラインで申請する

(外部サイトに遷移します)

受付期間

<特例の対象期間> 2020/02/14 〜 2021/07/31 ※9月末まで同様の内容で継続を予定 <申請期限> 支給対象となる期間の最終日の翌日から2カ月以内

お問い合わせ

最寄りの都道府県労働局またはハローワーク <コールセンター> ・電話番号:0120-60-3999 ・受付時間:9時から21時(土日・祝日含む)

参照先

最終更新日:

この手続きに関連した手続き

※Photo by Aflo