印鑑証明書(印鑑登録証明書)

個人向け

印鑑登録・印鑑証明

その他

印鑑証明書(印鑑登録証明書)

自治体に印鑑登録した内容を証明するものです。実印を必要とする契約などの際に、提出を求められることがあります。主な取得方法に、役所の窓口での交付と、コンビニでのプリント(マイナンバーカードが必要)があります。

対象となる人

印鑑登録をした本人、または代理人が請求できます。

内容

窓口での交付

印鑑登録をした自治体の役所の窓口などで手続きをする方法です。その場で印鑑証明書を受け取ることができます。

持ち物

  • 印鑑登録証
    印鑑登録の際に発行されるカード
  • 手数料
    300円前後、自治体により異なる

代理人が請求する場合

多くの自治体では、印鑑登録証を持参すれば代理人の方でも請求ができます。そのため、家族が代理で取得することも可能です。

自治体によっては、委任状や代理人の本人確認書類が必要な場合があります。詳しくは、登録先の自治体の公式ページをご確認ください。

コンビニでのプリント

マイナンバーカードをお持ちの場合、全国のコンビニエンスストア等のマルチコピー機を利用して、印鑑証明書をその場でプリントできます。

対応する店舗で、毎日6時30分から23時までの間に利用可能です。

持ち物

  • マイナンバーカード
    一部の自治体では住民基本台帳カードでも利用可能
  • 手数料
    200円前後、自治体により異なる

多くの自治体では、窓口よりも手数料が低く設定されています。住所地とは違う場所にある店舗でも利用できます。

詳しくはコンビニ交付の公式サイト(地方公共団体情報システム機構)内の以下のページなどででご確認ください。

参考情報

有効期限について

印鑑証明書自体にいわゆる有効期限はありません。通常は提出先から「何カ月以内に発行されたもの」という指定があるため、その点にご注意ください。

この手続きに関連した手続き

最終更新日:

※Photo by Aflo

自治体の皆様へYahoo!くらしでは様々な形で
各自治体様が発信する地域にまつわる情報を
全国のヤフーユーザーに届けています。

オンライン申請手続き
ヤフー掲載のご案内