自動車税・軽自動車税

個人向け

自動車税

軽自動車税

その他

自動車税・軽自動車税

自動車税は、所有者が毎年納める「自動車税(種別割)」と、新規取得時に納める「自動車税(環境性能割)」の2種類があります。軽自動車税にも同様の2種類があり、軽自動車の他にオートバイなども対象となります。

対象となる人

以下に当てはまる自動車などを所有する方が対象となります。

自動車税の対象になるもの

  • 普通自動車
  • 3輪以上の小型自動車

軽自動車税の対象になる主なもの

  • 軽自動車
  • オートバイ
  • 原動機付自転車

内容

税制の変更について

2019年10月に税制の変更がありました。

  • 自動車の所有者が毎年納める税が「自動車税」から、「自動車税(種別割)」に名称変更
  • 自動車の取得時に発生していた「自動車取得税」が、「自動車税(環境性能割)」に置き換え

軽自動車についても同様に、「軽自動車税(種別割)」と「軽自動車税(環境性能割)」の2種類があります。税制変更の詳細については、経済産業省の特設サイトをご確認ください。

自動車税

自動車税は都道府県に対して納める税です。詳しい情報は、お住まいの都道府県の公式ページをご確認ください。

自動車税(種別割)

普通自動車などを所有する方が、毎年納める必要があります。
税額は、車種や用途(自家用、営業用)と排気量によって変わります。自家用の乗用車の場合、以下の金額です。

  • 2019年10月1日より前に登録した場合は、年額で29,500~111,000円
  • 2019年10月1日以降に登録した場合は、年額で25,000~110,000円

具体的な税額の一覧は、東京都のページなどで確認することができます。税額は全国で共通です。毎年4月1日の時点で自動車を所有する人に対して、自治体から納税通知書が送付されます。案内に従って、期限(基本的に5月末)までに納付する必要があります。

自動車税(環境性能割)

新たに普通自動車などを購入する際に納める必要がある税です。

税額は、購入額に税率を掛けて算出されます。税率は、車種や用途(自家用、営業用)と燃費基準によって変わります。自家用車の場合、1~3% ですが、電気自動車や燃費効率に優れた車種の場合には非課税となります。

具体的な税率の一覧は、東京都のページなどで確認することができます。税率は全国で共通です。

納付の手続きは、運輸支局に自動車を登録(車検証の発行)する際に行います。

軽自動車税

軽自動車税は市区町村に対して納める税ですが、都道府県が代行している場合があります。詳しい情報は、お住まいの市区町村や都道府県の公式ページをご確認ください。

軽自動車税(種別割)

軽自動車、オートバイ、原動機付自転車などを所有する方が、毎年納める必要があります。

税額の目安は以下の通りです。

  • 自家用の軽自動車の場合、標準税額は年額で10,800円
  • 自家用の二輪車の場合、排気量により年額で2,000~6,000円

具体的な税額の一覧は、港区のページなどで確認することができます。税額は全国で共通です。毎年4月1日の時点で自動車を所有する人に対して、自治体から納税通知書が送付されます。案内に従って、期限(基本的に5月末)までに納付する必要があります。

軽自動車税(環境性能割)

新たに軽自動車などを購入する際に納める必要がある税です。

税額は、購入額に税率を掛けて算出されます。税率は、車種や用途(自家用、営業用)と燃費基準によって変わります。自家用車の場合、1~2% ですが、電気自動車や燃費効率に優れた車種の場合は非課税となります。また、購入金額が50万円未満の場合も非課税となります。

具体的な税率の一覧は、茅ヶ崎市のページなどで確認することができます。税率は全国で共通です。

納付の手続きは、軽自動車の場合は軽自動車検査協会に登録(車検証の発行)する際に行います。オートバイや原動機付自転車の場合は、市区町村に登録する際に行います。

エコカー減税、グリーン化特例などについて

自動車税と軽自動車税は、環境に配慮した車種の場合、減額になる制度があります。

エコカー減税、グリーン化特例などの詳細については、国土交通省の説明ページをご確認ください。

この手続きに関連した手続き

最終更新日:

※Photo by Aflo

自治体の皆様へYahoo!くらしでは様々な形で
各自治体様が発信する地域にまつわる情報を
全国のヤフーユーザーに届けています。

オンライン申請手続き
ヤフー掲載のご案内