児童手当

個人向け

給付金や補助金をもらう

子育て・教育

児童手当

児童手当」とは?

中学校卒業までの児童を養育している方への手当です。基本的な条件では、児童1人あたり月額で10,000円(3歳未満は15,000円)が支給されます。

対象となる人

中学校卒業までの児童を養育している方

内容

支給額

児童の年齢1人あたりの月額
3歳未満15,000円
3歳以上小学校修了前10,000円
(第3子以降は15,000円)
中学生10,000円

ただし、養育者の所得が限度額以上の場合は、特例給付として月額5,000円が支給されます。

原則として、毎年6月、10月、2月にそれぞれの前月分までの手当が支給されます。

詳細は内閣府の説明をご確認ください。

児童手当の手続き一覧

この制度には10の手続きがあります

  • 児童手当の現況届

    児童手当の現況届

    児童手当を継続して受給するには、毎年6月に「現況届」の提出が必要です。お住まいの市区町村からお知らせが届いたら、必要事項を記入し、郵送またはオンラインで提出します。

  • 児童手当の認定請求

    児童手当の認定請求

    1人目の子どもの出生時など、新しく児童手当の対象となる際に必要な手続きです。出生から15日以内に手続きが必要で、申請の翌月分から支給対象となります。

  • 児童手当の額改定の認定請求

    児童手当の額改定の認定請求

    養育する児童に増減がある際に、児童手当の受給額を改定するための手続きです。2人目以降の子どもの出生時に、受給額を増やすためなどに必要です。申請の翌月分から新たな額での支給となります。

  • 児童手当受給者の住所・氏名変更

    児童手当受給者の住所・氏名変更

    児童手当を受給中の方に、同じ市区町村内での住所変更や、氏名の変更がある場合に行う手続きです。他の市区町村に住所変更する場合についても説明しています。

  • 児童手当の受給事由消滅届

    児童手当の受給事由消滅届

    児童手当を受給中の方が、受給資格がなくなった際に必要な手続きです。他の市区町村に転出する際や、子どもを養育しなくなった場合などに必要です。

  • 児童手当の未支払金の請求

    児童手当の未支払金の請求

    児童手当を受給していた方が亡くなったことで未払いになっている手当がある場合、申請により請求することができます。児童手当の対象となっていた児童の名義の口座が必要です。

  • 児童手当の寄付の申出

    児童手当の寄付の申出

    児童手当の支給を受け取らずに、自動的に寄付をする制度があります。寄付する金額は、手当の一部または全部を指定可能です。寄付金控除の対象にもなります。

  • 児童手当の寄付についての変更

    児童手当の寄付についての変更

    児童手当の支給を受け取らずに、自動的に寄付をする制度があります。この制度を一度申請した後に、寄付の撤回や寄付額の変更をしたい場合の手続きです。

参照先

詳細参照先

この制度に関連した手続き

最終更新日:

※Photo by Aflo

自治体の皆様へYahoo!くらしでは様々な形で
各自治体様が発信する地域にまつわる情報を
全国のヤフーユーザーに届けています。

オンライン申請手続き
ヤフー掲載のご案内