保育園等の現況届

届け出をする

子育て・教育

保育園等の現況届

保育園など公的な保育施設の利用を継続するには、年に一度「現況届」の提出が必要です。提出時期は7〜8月頃の場合が多く、保育が必要な理由によって必要書類が異なります。

2024年7月30日よりマイナポータルの電子申請に切り替わります

Yahoo!くらしが提供しているオンライン申請機能(電子申請機能)は終了します。提供終了後は、Yahoo!くらしの各手続きページからマイナポータルに遷移して電子申請をご利用いただけます。

全国共通の情報を表示しています

「申請する方法」で地域を選択すると、オンライン申請の可能な自治体を確認できます。
各自治体のページでは、主にオンライン申請の詳細を確認できます。

対象となる人

保育園や認定こども園など、保育施設を利用中の保護者の方が対象です。

保育施設の利用にあたって必要となる「教育・保育給付認定」で2号または3号に認定されている方が対象となります。(1号認定で幼稚園などを利用中の方は非対象です)

内容

手続きの流れ

(1) 保育施設や市区町村から案内を受け取る

(2) 必要書類を準備する

(3) 保育施設や市区町村に提出する

現況届についての案内は、利用中の保育施設から渡される形が多いです。住所地の市区町村以外の施設を利用している方には、市区町村から郵送で届く場合もあります。

提出の時期は市区町村により異なりますが、7〜8月に提出する場合が多いです。

手続きに必要なもの

  • 現況届
    市区町村ごとの書式
  • 保育が必要な理由の確認書類
    就労証明書、病気の診断書など

保育が必要な理由の確認書類とは

確認書類は保育が必要な理由によって異なります。主なケースは以下の通りです。

  • 会社などに就労中の場合
    指定された書式の就労証明書に対して、勤務先から記入を受けたものを提出します。
  • 自営業などの場合
    指定された書式の就労証明書の自筆に加えて、営業許可証などの写しを提出します。
  • 保護者の疾病や障害、または親族の看護や介護などの場合
    事情によって、医師の診断書、障害者手帳の写し、妊娠の場合は母子健康手帳の写しなどを提出します。

提出先

利用する保育施設に対して提出する形が多いです。市区町村によっては、役所の窓口や、郵送やオンラインでの提出に対応している場合もあります。

詳しくは、お住まいの市区町村にご確認ください。

申請する方法

この手続きは役所・役場の窓口以外に、スマホからもオンラインで申請できます。

スマホでカンタン申請

スマホから手続きの申請をする

申請する自治体を選んでください。

この申請に対応している自治体のみ表示されます。

お住まいの地域を選択してください。

この手続きに関連した制度や手続き