マイナポイント関連情報まとめ

最終更新日:2021年12月23日

マイナポイント関連情報まとめ

マイナポイントとは

マイナポイントはマイナンバーやキャッシュレス決済の普及促進を目的とする、国の消費活性化策のひとつです。

マイナポイント第2弾では、カードを新規取得した方への最大5,000円相当のポイント付与が再開されるのに加えて、新たに2つの条件で15,000円相当のポイントを受け取ることができます。これにより、これまでにマイナンバーカードを作成した全ての方に、第1弾と合わせて最大2万円相当のポイント付与の機会がある形となります。

  1. 1.マイナンバーカードを取得し、キャッシュレス決済サービスとひも付けてチャージまたは決済すると、25%(最大5,000円分)のポイント還元を受けられる
    ※5,000円分のマイナポイント第1弾を未取得の方が対象
  2. 2.マイナンバーカードの健康保険証利用に申し込みをすると7,500円分のポイントが付与される
    ※すでに申し込みを行った方を含む
  3. 3.マイナンバーカードに公金受け取り用の預貯金口座を登録すると7,500円分のポイントが付与される
マイナポイントとは

マイナポイントを受け取るためにはマイナンバーカードが必要です。
未取得の方はカード交付の申請を行ってください。

マイナンバーカードの取得方法

3つの取得方法とマイナポイント受け取りの流れ

マイナポイントが受け取れる制度は全部で3つあります。
それぞれの制度で対象となる方が異なりますので、詳細をご確認の上、給付手続きを行ってください。

取得方法 01マイナンバーカード新規取得でポイントをもらう

マイナンバーカード新規取得でポイントをもらう

マイナンバーカードとひも付けたキャッシュレス決済サービスにチャージまたは決済すると、25%(最大5000円分)のポイントが還元されます。

誰がもらえるの?

マイナンバーカードを作成し、5,000円分のマイナポイント第1弾を未取得の方
(2021年5月以降にマイナンバーカードを作成した方など)
※第1弾で上限の5,000円分まで取得できていない方も対象

受け取れるポイントは?

マイナンバーカードとひも付けたキャッシュレス決済サービスでチャージまたは決済した額の25%(最大5,000円分)のポイントが還元されます

取得方法 02健康保険証の利用登録でポイントをもらう

健康保険証の利用登録でポイントをもらう

マイナンバーカードの健康保険証利用に申し込みをすると、7,500円分のポイントが付与されます。

※すでに申し込みを行った方を含む

誰がもらえるの?

マイナンバーカードの健康保険証利用に申し込みをされた方

受け取れるポイントは?

7,500ポイントが付与されます

受け取り方法は?

2つのうちいずれかの方法でマイナンバーカードの健康保険証利用申し込みをします。利用申し込み後のポイント付与の方法や時期は未定です。詳細発表があり次第、更新いたします

オンラインで登録

①オンラインで登録マイナポータルサイトから登録

オンライン以外で登録

②オンライン以外で登録セブン銀行ATMで登録

取得方法 03公金受け取り用預貯金口座のひも付けでポイントをもらう

マイナンバーカードに公金受け取り用の預貯金口座を登録すると7,500円分のポイントが付与されます。

マイナンバーカードに公金受け取り用の預貯金口座を登録すると7,500円分のポイントが付与されます。

誰がもらえるの?

作成したマイナンバーカードに公金受け取り用口座の登録を行った方

受け取れるポイントは?

7,500ポイントが付与されます

受け取り方法は?

詳細発表があり次第、更新いたします

よくある質問

A.第1弾は、2021年4月までにマイナンバーカードの交付申請をされた方を対象に、キャッシュレス決済サービスでのお買い物で25%分(最大5,000円相当)のポイントが還元された制度です。
第2弾では、第1弾を未利用の方へのポイント還元が再開されることに加えて、新たに2つの方法で追加のポイント還元を受けることができます。

  1. 1.マイナンバーカードの新規取得者に対する最大5,000円相当のポイント還元(第1弾と同様)
  2. 2.マイナンバーカードの保険証利用申し込みで7,500ポイント付与
  3. 3.マイナンバーカードへの公金受取口座登録で7,500ポイント付与

A.

  1. 1.第1弾で付与を受けていない方を対象に、マイナンバーカード新規取得をされた方に25%分(最大5,000円)のポイント還元

    制度としては2022年1月1日からポイント付与が可能になる予定です。実際に買い物やチャージがポイント付与の対象となる時期は、登録するキャッシュレス決済サービスによって異なると想定されます。

  2. 2.マイナンバーカードの保険証利用申し込みで7,500ポイント付与

    ポイント付与の時期については、未発表です。(2021年12月23日現在)
    政府から正式な発表があり次第、このページでも掲載します。

  3. 3.マイナンバーカードへの公金受取口座登録で7,500ポイント付与

    ポイント付与の時期については、未発表です。(2021年12月23日現在)
    政府から正式な発表があり次第、このページでも掲載します。

画像

A.15歳未満の方のマイナポイントの予約・申し込みは法定代理人(父母などの親権者や後見人)が行えます。
また未成年者がキャッシュレス決済サービスを利用していない場合などは、法定代理人名義の決済サービスをポイント付与対象として申し込めます。
ただし、同じ決済サービスに複数人分のマイナポイントを付与できないため、法定代理人は自分のマイナポイントが付与される決済サービスとは別の決済サービスを選択する必要があります。

キャッシュレス決済の比較(マイベスト)

(外部サイトに遷移します)

A.「PayPay」「楽天カード」「au PAY」などの利用傾向が高いです。詳細はマイナポイントに関する調査データ をご参照ください。