新型コロナワクチン接種

新型コロナウイルス

その他

新型コロナワクチン接種

2023年9月20日から新型コロナワクチンの「令和5年秋開始接種」が始まりました。初回接種(1回目・2回目)を完了している生後6カ月以上の方を対象に、追加接種が1回無償で受けられます。接種期間は2024年3月...

対象となる人

令和5年秋開始接種の対象は、初回接種(1回目・2回目)が完了している生後6カ月以上の方です。ご自身の接種回数をご確認ください。

3回目以降の追加接種の方

生後6カ月以上の方は、どなたでも対象です。乳幼児(生後6カ月~4歳)は、1~3回目までが初回接種のため、4回目以降の方が対象です。 ただし、前回の接種から以下の期間を経過している必要があります。

  • ファイザー社、モデルナ社(オミクロン株対応ワクチン):3カ月以上
  • 武田社(ノババックス):6カ月以上

初回接種(1~2回目)の方

初回接種(1回目・2回目)も2024年3月31日まで接種可能です。乳幼児(生後6カ月~4歳)は、1~3回目までが初回接種です。 初回接種の詳細は、厚生労働省「初回接種(1回目・2回目接種)についてのお知らせ」をご確認ください。

内容

目次

1. 接種時期・接種回数

2. ワクチンの種類

3. 費用

4. ワクチンの効果・持続期間

5. 接種間隔

6. 子どものワクチン接種

7. 妊娠中・授乳中のワクチン接種

8. 副反応

1. 接種時期・接種回数

接種時期

2023年9月20日から2024年3月31日まで

接種回数

令和5年秋開始接種は、1人1回限り

詳細は、厚生労働省「令和5年秋開始接種についてのお知らせ」をご確認ください。

2. ワクチンの種類

2023年9月20日からオミクロン株対応1価ワクチン(XBB.1.5)による接種が行われます。前回までに接種したワクチンの種類にかかわらず、以下のワクチンを使用します。

  • ファイザー社:オミクロン株対応1価ワクチン(XBB.1.5)
    生後6カ月以上の方が対象。
  • モデルナ社:オミクロン株対応1価ワクチン(XBB.1.5)
    6歳以上の方が対象。
  • 武田社(ノババックス):従来ワクチン(1価)
    12歳以上の方が対象。基本的には、オミクロン株対応1価ワクチンによる接種を推奨。何らかの理由で接種できない方は、武田社のワクチン接種も可能。

厚生労働省「新型コロナワクチンQ&A(ワクチンの種類は変わるのか)」

3. 費用

全額公費のため、無料で受けられます。 公費で接種が受けられるのは、令和6年(2024年)3月31日までです。

4. ワクチンの効果・持続期間

ワクチンの効果

オミクロンXBB.1系統の株に対応したワクチンを用いることで、発症予防効果の向上重症化予防効果が期待されています。

ワクチンの持続期間

  • 感染予防・発症予防効果は、2~3カ月程度
  • 重症化予防効果は、1年以上一定程度持続

厚生労働省「新型コロナワクチンQ&A(ワクチンの効果)」

5. 接種間隔

新型コロナワクチンの接種間隔

3回目以降の新型コロナワクチンの接種間隔は、ワクチンによって異なります。

  • ファイザー社、モデルナ社:3カ月以上
  • 武田社:6カ月以上

厚生労働省「新型コロナワクチンQ&A(接種間隔)」

新型コロナウイルス感染後のワクチン接種

新型コロナウイルスに感染した方でも、ワクチンを接種することが可能です。感染後、体調が回復して接種を希望する場合は、治療内容や感染からの期間にかかわらずワクチンを接種できます。

厚生労働省「新型コロナワクチンQ&A(感染後のワクチン接種)」

他のワクチンとの接種間隔

インフルエンザワクチンと新型コロナワクチンは、同時接種が可能です。 また、同時でない場合でも、インフルエンザワクチンと新型コロナワクチンの接種間隔は、特に制限はありません

インフルエンザワクチン以外のワクチンの場合、新型コロナワクチンと同時接種はできません。 片方のワクチンを受けてから2週間後に接種できます。

厚生労働省「新型コロナワクチンQ&A(ワクチンの同時接種)」

6. 子どものワクチン接種

乳幼児接種

初回接種(1~3回目まで)を完了した生後6カ月~4歳の方を対象に1回追加接種が可能です。 使用するワクチンは、ファイザー社(6カ月~4歳用)オミクロン株対応1価ワクチン(XBB.1.5)です。 インフルエンザ以外の予防接種を行う場合は、2週間後から接種できます。

新型コロナウイルス感染症は、乳幼児においても、オミクロン株の流行に伴い重症化が確認されており、ワクチンの有効性や安全性も踏まえ接種が望ましいとされています。

厚生労働省「乳幼児接種についてのお知らせ」 厚生労働省「新型コロナワクチンQ&A(乳幼児接種)」

小児接種

初回接種(1回目・2回目)を完了した5~11歳の方を対象に1回追加接種が可能です。 使用するワクチンは、ファイザー社(5~11歳用)もしくはモデルナ社(6歳以上)のオミクロン株対応1価ワクチン(XBB.1.5)です。

オミクロン株の流行下で小児の重症者数が増加傾向にあること、初回接種(1回目・2回目)による発症予防効果が時間の経過とともに低下することから、小児への3回目接種が推奨されています。

厚生労働省「小児接種についてのお知らせ」 厚生労働省「新型コロナワクチンQ&A(小児接種)」

7. 妊娠中・授乳中のワクチン接種

妊娠中、授乳中、妊娠を計画中の方も、ワクチンの接種勧奨の対象としており、妊娠中の時期を問わず接種が推奨されています。 ワクチン接種を受けた妊婦やその新生児に対しての有害事象の増加はなく、妊娠を計画中の方についても悪影響を及ぼす報告はありません。

厚生労働省「新型コロナワクチンQ&A(妊娠中のワクチン接種)」

8. 副反応

接種後に注射した部分の痛み、疲労、頭痛、筋肉や関節の痛み、寒気、下痢、発熱などがみられることがあります。こうした症状の大部分は、接種後数日以内に回復しています。

ワクチンによる発熱は接種後1~2日以内に起こることが多く、水分を十分に摂取し、必要な場合は解熱鎮痛剤を服用するなどして様子をみます。解熱鎮痛剤は、医師が処方する薬以外にも、市販のアセトアミノフェンや非ステロイド性抗炎症薬(イブプロフェンやロキソプロフェンなど)でも対応可能です。 ワクチンを受けた後、2日間以上熱が続く場合や、症状が重い場合は、医療機関等への受診や相談をご検討ください。

副反応の詳細や都道府県別の副反応の相談窓口一覧は、厚生労働省「新型コロナワクチンの副反応について」をご確認ください。

参照先

この手続きに関連した制度や手続き

最終更新日:

※Photo by Aflo

自治体の皆様へYahoo!くらしでは様々な形で
各自治体様が発信する地域にまつわる情報を
全国のヤフーユーザーに届けています。

オンライン申請手続き
ヤフー掲載のご案内