手続き検索

条件で絞り込む

都道府県と市区町村

オンライン申請

ライフイベント

手続きの特徴

受付終了した手続き

すべてクリア

全国の手続き 検索結果:153

2024年定額減税

新規追加

05/21更新

2024年定額減税

1人あたり所得税3万円、住民税1万円の合計4万円が納税額から減税される「定額減税」が実施されます。「令和6年度税制改正」に伴い、2024年分の所得税・2024年度分の個人住民税について、2024年6月から順次減税されます。給与所得者、公的年金所得者、個人事業主などで所得税や住民税を納税している方が対象です。

最終更新日: 2024-05-21

住民税非課税世帯・低所得者世帯に対する給付金

住民税非課税世帯・低所得者世帯に対する給付金

過去2年の税収増を国民に還元するため、住民税非課税世帯には、すでに給付されている3万円に加えて7万円を支給し、所得税非課税で住民税を支払っている低所得者世帯には、10万円を支給する方針です。さらに、18歳以下の子どもがいる世帯には、追加で子ども1人あたり5万円を給付する方針です。

最終更新日: 2023-12-13

所得税

05/17更新

所得税

所得税は、1月1日~12月31日の1年間に給料や事業などで個人が得た所得に対してかかる税金です。1年間の所得から、配偶者控除などの所得控除を差し引いた「課税所得金額」に税率をかけて所得税額を算出します。2024年分の所得税は、定額による特別控除(定額減税)が実施されます。

最終更新日: 2024-05-17

雇用調整助成金

雇用調整助成金

雇用調整助成金は事業活動の縮小を余儀なくされた事業主に対して、従業員の雇用維持を図るために休業手当などの一部を助成する制度です。令和6年能登半島地震に対する特例措置として、要件緩和や助成率の引き上げを実施予定です。

最終更新日: 2024-01-19

生活福祉資金の特例貸付(緊急小口資金)

生活福祉資金の特例貸付(緊急小口資金)

所得の少ない世帯などが、緊急的かつ一時的に生計維持が困難になった場合に、生活の安定と経済的自立を図ることを目的として少額の貸付を行う制度です。令和6年能登半島地震に対する特例措置として、低所得世帯に限らず、被災した世帯を対象に最大20万円の貸付を行います。

最終更新日: 2024-01-19

パスポートの新規発給申請

パスポートの新規発給申請

海外渡航に必要なパスポートを新規作成する手続きです。パスポートを持っていない方や有効期限が切れている方が対象です。一部地域では、オンラインでの申請が可能です。オンライン申請はマイナポータルアプリから行います。

最終更新日: 2023-10-06

パスポートの切替発給申請

パスポートの切替発給申請

海外への渡航に必要なパスポートを更新する手続きです。有効期間が1年未満になった方や、査証欄の余白が少なくなった方などが対象です。2023年3月27日から、オンラインで申請ができるようになりました。

最終更新日: 2023-10-06

パスポート申請用写真

パスポート申請用写真

パスポート申請用の写真は、国際機関で規格が定められています。海外ではパスポートが唯一の身分証明書となり、パスポートの写真が本人確認を行う際にとても重要です。出入国時や海外でのトラブルを避けるためにも、規格に沿った写真を準備する必要があります。

最終更新日: 2023-10-06

戸籍謄本・戸籍抄本

戸籍謄本・戸籍抄本

戸籍を証明する書類のうち、戸籍の全員について記載されたものを「戸籍謄本」、指定した人のみについて記載されたものを「戸籍抄本」と言います。本籍地の市区町村に対して請求しますが、戸籍謄本などの全部事項証明書は、本籍地以外の最寄りの市区町村でも請求できます。

最終更新日: 2024-02-29

雇用保険の基本手当(失業手当)

雇用保険の基本手当(失業手当)

雇用保険に加入していた方が、離職後に生活を心配することなく、就職活動ができるよう支給される制度です。支給条件、支給額、支給期間は離職理由や雇用保険の加入期間、年齢や離職前の給与などの条件によって決定されます。手続きなどはハローワークで行います。

最終更新日: 2022-06-30